プロ野球特集

NPB歴代ホームラン最長飛距離ランキング!1位は驚愕の180メートル!

画像出典:東スポWeb

球場を超えていく場外ホームランやドームの天井に直撃の認定ホームランなど、規格外なパワーを魅せてくれる選手がいます。

そんな特大ホームランですが、歴代で最も飛んだのは何メートルなのか気になったことありませんか?

今回は、「NPB歴代のホームラン最長飛距離ランキング」を1位から6位まで紹介していきます!

※ホームランの飛距離は、正確な着地点までは分からないので推定飛距離になります。

第6位 松井秀喜(1998年)【推定飛距離160m

画像出典:日刊スポーツ

1998年7月22日のオールスターで初回に近鉄の高村投手から打った打球は、広いナゴヤドームの5階席に推定160m弾

松井秀喜は、パワーだけでなく打率も残せる選手なので恐ろしい選手ですね。
メジャーでも、ゴジラと呼ばれるほど活躍しました。

第5位 ブーマー(1988年)【推定飛距離162m

画像出典:週刊ベースボールオンライン

1988年7月13日の西武戦で渡辺投手から打った打球は、場外ホームランに

このホームランは、落下地点が確認された中では最長飛距離になります。

ブーマーもパワーだけでなく打率も残せる選手でキャリアハイは、打率.355 長打率.641 HR37 打点130と三冠王とMVPも取っており、ぶっ壊れである。

第2位は同率で3人【推定飛距離170m】

2位は同率で3人いて推定飛距離170mです。

大下弘(1949年)、ブライアント(1990年)、ペゲーロ(2017年)

順に紹介していきます!

大下弘(1949年)

画像出典:週刊ベースボールオンライン

1949年8月18日に野口正明から打った打球は、場外ホームランに

当時のプレイスタイルは、フライを打つのは悪いとされていたのとホームランを打つ選手は少なかったため、この大下弘はホームランを量産しているので衝撃的だった。

そのためホームランブームが起こるほどだった。

ブライアント(1990年)

画像出典:サンスポ

1990年6月6日の日本ハム戦で角盈男から打った打球は、東京ドーム天井のスピーカーに直撃の認定ホームランに!

これがNPB史上初の認定ホームランとなった。

このスピーカーは果てしなく上にあり、ブライアントは規格外のパワーだったことが分かる。

ペゲーロ(2017年)

画像出典:デイリースポーツ

2017年7月12日のソフトバンク戦で松本から打った打球は、ヤフオクドームの看板に直撃のホームラン!

ソフトバンク柳田が「すごかった。あんなホームランを打てるように頑張る」と言ったくらいです。

第1位 A・カブレラ(2005年)【推定飛距離180m】

画像出典:東スポWeb

2005年6月3日の横浜戦で三浦大輔から打った打球は、レフトの屋根に直撃し認定ホームランに!

これが推定飛距離180mとなりましたが、これだけのパワーは本当に化け物だと思います。

球場を約2個分打っていることになります(笑)

当時の西部・伊東監督は「あそこまで飛ばすなんてもう野球じゃないね」と呆れられています。

まとめ

順位選手年度推定飛距離
A・カブレラ2005年180m
大下弘1949年170m
ブライアント1990年170m
ペゲーロ2017年170m
ブーマー1988年162m
松井秀喜1998年160m

簡単に表でまとめました。


100mのホームランでも180mのホームランを打っても結果は変わりませんが、ロマンがありますよね。

今後は、飛距離にも注目すると面白いかもしれませんね。


当記事が少しでも皆さんのお役になれたなら嬉しいです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。